読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴよぴよ

ハードルは低く設定すること

体育座りの話

私は考え込む時、横たわっているか体育座りになることが多い。

 

今日は一日、体育座りではなく、何かをしていた。確かに何かをしていたし、外出さえしたはずだけれど、あまり記憶がない。声を掛けられても「…え?」と聞き返してばかり。

 

臆病を自覚した。考えても仕方がないという気持ちと、どの程度負うべきかはっきりしない罪悪感と、色々。答えが出ないというより、出すことをためらっているのかもしれない。答える気のない自問なんて、ただの妄想じゃないか、と今気付いた。

 

事態は放っておいても進む。