ぴよぴよ

ハードルは低く設定すること

関係の維持

ブログを久し振りに更新する気になった。本当は昨夜更新しようとして、寝落ちしてしまった。

一昨日(たぶん一昨日…)“人間の幸福は身近な人といかに良い関係を持てるかに左右される。身近な人との関係に満足している人は、健康で、老けにくく、寿命も長く、自分は幸せだと感じている。”といった内容の記事を読んだ。それだけが人間の幸福を決定してしまうわけではないだろうけれど、重要なものの一つであることはわかる。

“身近な人と良い関係を持つ”ということについて、私が意識している事を書きたい。本やどこかで見掛けた記事の受け売りだし、特に真新しいことでもないのだけれど、備忘録として。

ある人との関係を守りたいと思った時、「今のこの関係はいつか必ず失われる」と覚悟すること、そして今それがあることの尊さを知ることが大切だと思っている。

全ては想像以上のスピードで移り変わるし、誰も同じところに立ち続けることはできない。今の関係を当たり前だと勘違いして、ないがしろにし始めたら、あっという間に流れに攫われてゆく。もし完全にその手がほどけてしまったら、もう一度掴むのは難しい。

その状態さえ移り変わっていくものだから、また重なる時もあるかもしれない。でも、なんとか繋ぎ直しても、既にお互いの位置が離れ過ぎていたら、そこから寄せていくのは大変だ。

今ある関係の貴重さを心から理解して初めて、変化し続けながらも、繋いだ手をしっかり握っていられるのだと思う。

また、良い関係の維持というのは“なんとなく”でできるものなんかじゃない。技術がいるし、積極的に学ぼうとしなければ永遠にできない。少なくとも私にとっては。良い関係の作り方は本で学べることもあるし(例えばカーネギーとか)人から直接学べることもある。

少し前に、良いなあと思ったことがあるので書いておく。

ある人がオンラインで大切な話を聞かせてくれた。その人は話を進める直前、ごく自然に「〜さんは、家でコーヒーや紅茶を飲みますか?」と尋ねてきた。それから「自分は落ち着く必要がある時に、紅茶や白湯を飲みます。〜さんにそういったものがもしあったら、用意してくれますか?」と続け、私に飲み物を用意する時間をくれた。

こんな気遣いをされたのは初めてで、飲み物を用意しながら、これからは私もそうしよう、とこっそり思った。そしてその日以降、その人と何か話す時は、自分の気持ちまで丁寧になっていることに気付いた。大切に扱ってくれる人を、ないがしろになんかできない。こちらも、大切にしたくなってしまう。

こういった小さな嬉しいをお互いに与え合える関係が “良い関係” で、それを長く積み重ねていくことが “良い関係を維持すること” ではないかなぁと思う。それは簡単なことではないけれど、少しずつ学んで重ねていきたい。



体育座りの話

私は考え込む時、横たわっているか体育座りになることが多い。

 

今日は一日、体育座りではなく、何かをしていた。確かに何かをしていたし、外出さえしたはずだけれど、あまり記憶がない。声を掛けられても「…え?」と聞き返してばかり。

 

臆病を自覚した。考えても仕方がないという気持ちと、どの程度負うべきかはっきりしない罪悪感と、色々。答えが出ないというより、出すことをためらっているのかもしれない。答える気のない自問なんて、ただの妄想じゃないか、と今気付いた。

 

事態は放っておいても進む。

救われる話

長文を間違って消してしまった。

だから覚えている最後だけ。 

 

 

 

 

 

人に救われることが、多い。

溢れて零してしまいそうだから、ゆっくり注いで。

 

 

 

 

 

寝る。

だめーな話

今日は持病を発症しました。


余計なお節介しちゃう病です(´・ω・`)やだやだ…


当事者が一番悩んで一番考えてるに決まってるのに。


早めに寝ます、おやすみ。





Irisと光に舞う粒子の話

今日は日中眠くて仕方がなかった。進捗微妙。

夜に頑張らないといけない。

 

久しぶりに自分の香りに酔った。(※陶酔ではなく“ダメ”だった)

 

今日着けたのは、香料にイリスを使ったものだ。イリスをテーマにした香りにお気に入りを見つけたくて、何度かチャレンジしているけれど、しっくり来るものがない。手元にあるものを、四季や天候でローテーションしているけれど、難しい。(同じ香りでも気温や湿度で香り立ちは変わる)(新しい香水は長いこと買っていないので、手持ちにあるものをひたすら回している)

 

何故イリスにこだわるのか、と思われるかもしれない。イリスは香りフェチとして避けて通れない香料なので、少し説明してみたいと思う。

 

イリスは、アイリス・匂いアヤメが原料となっている。アイリスから採る香り、と聞くと、その花から香りを抽出すると思いがちだけれど、イリスは根茎を乾燥、粉砕させたものから採油する。根の生育から乾燥、熟成までおよそ7年もかかり、高級なものは1kgで1千万するという、高価な香料だ。なので、安価すぎるファッションフレグランスにはほとんど使われない。

 

調香師たちはこの香料がお気に入りなのか、イリスをテーマにすることが多いように思う。もちろん、高価だからといってこの香りが特別に優れているわけではない。だけどやっぱり、その道のプロなら、高価な原料をたっぷり用いて、美しい香りを作ってみたいのだと思う。

 

イリスの香りは、粉っぽい香りだ。身近なものに例えて「小麦粉のような」と表現されることがある。小麦粉と言われると急にたいしたことのない香りに思えるけれど、この粉っぽさを上手く調合すると香りに品が生まれる(はずだ。でも私は、イリスを上手く表現した香りにまだ出会っていない)。また、この香りについて、ある調合師は「柔らかな光の香り」といった。

 

粉っぽさと、光。この二つは私の中ですんなりと結びつく。光の差し込む情景を浮かべる時、それは「光線」という言葉から浮かべるような、直線的なイメージではなく、微細な粒子が空中を舞い煌めき、漂うようなイメージを持っているからだ。

 

昔話をする。

 

高校生の時、ある内気な年下の女の子が、ダイエットを始めた。彼女はそれまでお化粧をしたことがなく、服装も、いつも男の子のような格好をしていた。保健室で彼女がダイエットを始めたことを告げた時、保健室の先生がやけに喜んだ様子で「痩せたらお洒落も楽しくなるわね、スカートとか、はいてみたら?」とすすめた。「だけど、服を自分で買ったことがないから」と返す様子をみて、ついお節介で「よかったら、一緒に買い物いく?」と声を掛けた。先生はますます大げさに喜んだ。

 

その週末、彼女と買い物に出掛けた。スカート、トップス、いきなり脚を出すのはハードルが高いよね?と言って、タイツを選び、一通り揃ったところで「これ着て、お化粧してみよう」とネットカフェの個室へ入った。彼女にトイレで着替えてきてもらい、化粧ポーチを拡げ、ひとつひとつ使い方を説明しながら薄化粧を施す。(ネットカフェの個室は薄暗い。薄化粧なので特に問題なかったけれど、化粧をする場所としてはオススメしない)

 

この時の記憶があんまり美しかったので、今でも鮮明に覚えている。小声ではしゃぎながら、チーク(頬紅)をブラシに取った時、チークの粉が空に舞った。薄闇に注ぐ照明の柔らかい光の中を、微細な粒子が、キラキラ、キラキラと漂う。数秒、手を止めて二人でみとれた。次の月曜、彼女はクラスメートの男の子に「誰かと思った。とても、似合ってる」と声を掛けられた。

 

 

いつかイリスのお気に入りを見つけたい。

 

 

 

 

ぎゅーの話

進捗まずまず。しえらちゃんのアドバイスで数学のペースが少し上がった。少しずつ一日の負荷を増やしたい。


はあ…ぎゅーしたさしかない夜。持病ではあるけれど、今日はあちこちから矢を当てられた。


はあ…


他人は四六時中ぎゅーしたいと騒がない。それが不思議だ。こんなにぎゅーしたいだのなんだのとうるさいのは私とおおいわくんさんくらいな気がする。ぎゅーしたくないの?死ぬほどしたくない?


はあ…寝る。




はあ………



連休が終わった話

連休中にリズムが崩れた。勉強も、よくできる日もあれば全くできない日もあり。空き日にぽんぽん予定が入ったので充実はしていた。


明日から改めて集中しなくてはならない。そして、そろそろ時間の使い方を覚えなくてはならない。


どうも最近、あらゆる人に夜更かしを怒られる。ご機嫌斜め。だってベッドに潜ると誰かとお話ししたくなる。


…でも言われたことは正しいから、素直に従おう。今夜はもう寝ます。